陶器市

陶器市参加予定作家(順不同)


陶芸工房shAco. featともり ※陶器展にも出展
(遠藤 絢子/平岩 ともり)

石川県で動物や食べ物をモチーフにした器、箸置き、アクセサリーなどを制作しています。箸置きの受注生産も引き受けております。(遠藤)
ブローチやイヤリングなどアクセサリー販売。京都でゆるゆる制作しています。展覧会にも参加中。(平岩)

幸山窯−Kouzangama−

普段使いの食器を作っています。手にとってもらえれば、良さがわかると思います。

ayako.ceramics ※10月12日〜14日のみ出店

 
 陶磁器ならではの独特の質感や色味を落とし込んだ、シンプルで使いやすいアクセサリー。

本田 春野 ※10月12日〜14日のみ出店。陶器展にも出展 。

京都を拠点に活動しています。主に磁器の器と装飾品等を制作しています。時間を見つけて、オブジェの制作もしています。

芙蓉窯せらみ屋 ※10月12・13・15日のみ出店

 
 2014年 京都伏見にて 独立開窯。日常のうつわ、酒器、花器、抹茶盌、陶器アクセサリーなどの京焼・清水焼を制作。

光窯 ※陶器展にも出展

 
 京都金閣寺の北西に位置する原谷を拠点に、植物をモチーフにしたオブジェ制作をしております。

中谷 和世 ※陶器展にも出展

 
 2014年に京都精華大学大学院を修了後、大阪市にて窯をかまえ制作中。

このは陶房

 
 日々の暮らしがちょっと楽しくなるような陶器を制作しています。

中尾 朋美 ※10月14・15日のみ出店。陶器展にも出展

 
 京都在住。日々と、やきものの美しさをあわせたものをつくっています。

イキモノ雑貨 豆福堂 ※陶器展にも出展

 
 奈良県を拠点に活動しています。 主に手捻り技法を用いて、動物をモチーフに立体作品を制作しています。

田井 昭江

 
 古墳時代の物をヒントに、京都で制作しています。

北浦 真保 ※陶器展にも出展

 
 叙情的でありながら生命力とは違う力強さを持つ造形を探求し、一瞬の衝動を生き物のようなモノへ投影しています。

am. ※10月14・15日のみ出店。

 
 さりげないけど存在感のある、愛着をもって長く大切にしてもらえる、そんなものづくりを心がけています。

坂口 未来 ※10月14・15日のみ出店。

 
 植物をモチーフにした食器やオブジェを可愛らしく、可笑しく、そして素敵。をモットーに作っています。

3RD CERAMICS ※10月14・15日のみ出店。

 
 岐阜県多治見市を拠点に陶磁器の生産販売をしてます。「気づきのある生活を送る人へ」をコンセプトに個人作家ではなく、大きなメーカーでもない“第3の陶芸”のあり方を、日々模索しながら活動中です。