【つかう】

立誠・文化のまち運営委員会における共催事業認定基準

1.「文化芸術による、多彩な人の集いとにぎわいのあるまちづくり」を目指す「立誠学区における文化芸術による地域のまちづくりモデル事業」の趣旨に照らして、望ましい事業と認められること
2.参加者を限定せず、地域住民をはじめ市民等が自由に参加、鑑賞しやすいもの(有料の事業であっても料金が特に高額とはいえないものは可)
3.営利目的でないこと
4.社会性のない行為、騒音など近隣に迷惑が及ぶと思われる行為などをしないと認められ、また、近隣への事前説明、苦情への対応、事後報告など地域においてトラブルを発生させないための配慮ができること
5.地域の文化振興、まちづくりなどに寄与する具体的な活動を行うことができるもの(制作・練習の公開、ワークショップの実施、事業実施後の交流・懇親、地域活動等への参加(環境美化、防犯活動など)、本プロジェクトの実施事業及び地域の催し等への協力など)
6.学校施設のうち使用箇所について、後片付けはもとより清掃を丁寧に行うことができること
7.その他、運営委員会が適当と認める特段の事由があるもの(運営委員会において適当と認められない有段の事由があるものは不可)

利用申請時に必要な書類

□共催事業申請書(docファイル / pdfファイル
□事業内容が詳しくわかる企画書等
—-以下必要に応じて
見取り図(施設使用方法)
□消防計画書(火気を使用する場合)
□予算書(入場料徴収の場合)
申請書と企画書を元に運営委員会で審査し、結果を連絡いたします。また、その際に不明点に関する回答や追加の資料の提出をお願いする場合がございます。
より詳しく内容を説明して頂く必要がある場合は、別途運営委員会でのプレゼンテーションをお願いいたします。
※共催事業認定までの流れ運営委員会の承認をもって、共催事業と認定いたします。
※共催事業については、平成29年度の募集はございません。

料金について

1603ryokin
※あくまでも、参考例です。
実質使用時間での請求となりますので、見積書が必要な場合はお問い合わせください。
※別途、消費税が必要です。
※入場料を徴収する場合や物品販売する場合、上記管理費の3割増。
営利宣伝目的の場合は、上記管理費の倍額となります。
※契約大学の場合は、上記の価格ではございません。各大学窓口にお聞きください。
※当施設、付帯備品はございません。
(音楽室での演劇のみ別途料金がかかるものもございます。)

立誠・文化のまち運営委員会事務局
Tel:075-708-5318(12:00~18:00)
Mail:bunmachi@rissei.org(随時受付)